慣れない雪道

車買取査定 2015年1月10日

お正月早々、新潟県の「かぐらスキー場」のコース外で男女3人が遭難した。全員無事に救助されたが、その代償は大きい。スキー場のコース外の「バックカントリー」を滑走しているうちに遭難する事故が増えているという。人工じゃないふわふわの雪の上を滑れると、人気になっている。

2010年に長野県では、コース外で遭難した場合、遭難者が捜索救助費用を弁償する条例が制定されている。全国のスキー場にも広がっている。公にされることがないので、実際にどれだけ請求されているかはわからない。富山市にあるスキー場のHPには、1時間あたり、パトロール隊員1人2万円、雪上車1台5万円などが明記されている。民間のヘリを飛ばした場合、料金は1時間100万円からが一般的なんだとか。とにかく、安い金額では済まないのは想像できる。弟がスノボに毎年行っていたが、そういうことはしないと言っていて安心した。ただ、慣れない雪道を車で出かけていくのでいつも心配だった。
車買取 千葉