車を売却する時に必要な書類とは

査定額 2015年6月21日

車を売ると決めて、業者に査定を頼むだけなら、車検証などの一部の簡単な書類で済みますが、 いざ売却となると、色々な種類の書類が必要になってきます。
ここで、売却時に必要な書類を整理しておきたいと思います。 続きを読む…

コメントは受け付けていません。

車は今ではわが家の家族の一員です。

車種 2015年6月15日

家の車はとうとう買ってから13年が経過したようで、この春なんと税金があがってしまいました。いつもよりも5000円くらいあがってしまっていてすごくびっくりしてよくよく計算したら購入してから随分と月日が経ってしまっていました。

見た目が塗装に艶がないとか、ヘッドライトが黄色く黄ばんでいるとか、そういうことが全くなくピカピカなのでそんなに古い車とは思っていませんでした。 続きを読む…

コメントは受け付けていません。

主要メーカーの順位

車買取査定 2015年5月29日

ホンダと国内販売シェア2位を争う日産は2012年にまさかの5位転宅。
HVと軽の出遅れが原因で、43.5パーセントの株式を保有するルノーとの
提携を強化しましたのです。そして挽回を目指している。
唯一の独立独歩名名メーカーである本田はホンダは2011んん円からジュンジ投入した
軽自動車のNシリーズが堅調で、国内シェア2位を奪還した。
マツダ、三菱は逆に大株主が手を引いた。それぞれフォード、ダイムラー、と資本提携にあり
現在はフォードがマツダ株を2.1パーセント保有している。似すぎない。
スズキはVWが19.9パーセントの株式を持つ筆頭株主だが、
買戻しのための自社株買いへと再決議した。
資本提携の解消へと向かい平素宇宙だ。
業界トップのトヨタ自動車。営業利益は1兆円を超える世界有数の企業である。
現在、乗用車を生産する主要メーカーだけでも8社
業界1位のトヨタは売上高23兆円を見込み
日産のシェアは2012年まさかの5位転落。

マーチ新古車の賢い買い方

コメントは受け付けていません。

3気筒

車買取査定 2015年5月23日

コンパクトカーは新設計の3気筒がトレンド。最近は3気筒エンジンが増えた。
軽自動車はすべて3気筒で、コンパクトカーでは、
ノート、マーチ、ミラージュ、ヴィッツとパッソの1リッターエンジン
などが採用する輸入車ではミニ、プジョーやルノーのコンパクトカー
VWのup!などのエンジンが3気筒だ。今後も1~1.5りったークラスでは
3気筒が増えるだろう。3気筒が普及した理由は熱効率が高いからだ。
1気筒当りの400~700ccであれば冷却損失が少なく、
自然着火による異常燃焼(ノッキング)も発生しにくい。
となれば1~1.5リッターエンジンもの場合、4気筒よりも3気筒のほうが
効率が高い。しかも部品点数は少ない。
逆に3気筒には振動が生じやすいという欠点がある。
バランスシャフトや装置で解決できるが、部品点数と重量は増えてしまう。
それでも技術の進歩により、設計の新しい3気筒エンジンでは、
低燃費に加えて振動も充分に抑えられている。

ベンツ高価買取のコツ

コメントは受け付けていません。

新機能

車買取査定 2015年5月18日

このたび登場したアップル社のCarPlayは車両に搭載した
インダッシュタイプのディスプレイモジュールとアイフォンを連携させる
新機能。車載のタッチしkパネルやSiriを通じて音楽再生や
経路案内、通話やメッセージ確認といった動作を行うことができる。
音声読み上げ機能を炉要すればテキストメッセージも視線を
前方に向けたまま確認できるし音声入力を通じて返信を行うことも可能だ。
2014年7月18の自動車めーかーがCarPlayに対応することを
表明している。
その他、アメリカのEVメーカーであるテスラモーターズは6月にすべての自社独自特許
を開放すると発表した。外部の幅広い技術者や部品メーカーなどの協力を呼び込み
技術革新を促す狙いだ。
これらの新しい動きによって20世紀に夢見ていた
21世紀的な自動車世界がはじまるかもしれない。
車載機能としてはまったく新しいユーザーインターフェースとなる
アップルのカープレイと特許の囲い込みをやめたテスラである。

エルグランド新古車の賢い買い方は?

コメントは受け付けていません。

お買い得なコンパクトカーとは

車種 2015年3月05日

ミニバンから代替するならプチバンが人気になっているといわれていますね。コンパクトカーとして非常に人気の車が増えてきているのでなじみやすくてお買い得なコンパクトカーを探したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

続きを読む…

コメントは受け付けていません。

新型車

車買取査定 2015年2月09日

車は一定の間隔で新型車が発表されますが、以前では4年に一度全面改良が行われるのが一般的です。4年に一度の改良をフルモデルチェンジと言いますが、この間に2年ごとにマイナーチェンジとして小変更が行われるのが一般的です。最近ではモデルチェンジサイクルが長くなっている傾向があり、車種によって時期やタイミングは異なると言えます。新型が出ると影響されるのは中古車になりますが、一般的には新型の登場により旧型となるために安くなるのが基本です。フルモデルチェンジ前は買取額が安定していますので、新型が出る前に売却したほうが高く売れる可能性が高くなります。一部の人気モデルでは新型が出た後も価格が落ちないケースがありますが、このようなモデルは少ないですから時期を逃さずに売却することが大切です。新型の人気が低いと前モデルが注目されますので、その場合には旧型でも好条件で売却できるケースがあります。人気がない場合でも新型車のほうが確実に性能が高まりますので、中古と迷った場合には新型を購入するのが良いと言えます。

BMW新古車の賢い買い方は?

コメントは受け付けていません。

プライスボードから査定ポイントを知る

車買取査定 2015年2月06日

中古車販売店に行けば嫌でも眼に入ってくるプライスボード。 普段は価格、年式、走行距離くらいしか見ることのないプライスボードですが、気になることがあり少し調べてみたら、意外にたくさんの情報が詰め込まれていることに驚きました。
続きを読む…

コメントは受け付けていません。

スバルの車

車種 2015年1月17日

スバルの車が気になって仕方がありません、あらかじめ書いておきますが、富士重工業の関連企業で働いているわけではありませんし、群馬県太田市に住んでいるわけでもありません。ですが、なんて言ったらいいのかわからないのですが、とにかくデザインが最近の車にはない独特な雰囲気を醸し出していて好きなんです。
続きを読む…

コメントは受け付けていません。

何かしらの事情で愛車を手放すなら

車買取査定 2015年1月15日

わたしの彼の友人は、これまであまり乗っていなかった車を何かしらの事情で売却することにしたそうです。
なので、その為にいろいろと車に関する情報収集をしているようです。
自動車をなるべく高値で売りたいなら車買取一括査定サービスを利用した方が良いという話をしました。
続きを読む…

コメントは受け付けていません。